kaori’s diary

読書・彫刻好きが日々のあれこれ綴ります

読書を取るか・・・睡眠を取るか・・・

今週のお題「読書の秋」

 

 

今日から10月になりました。

急に涼しくなって、毎日着る服に悩んでいます。

そろそろ秋メイクの研究もしたいなぁと思っているのですが、普段のメイクを変えるのもなかなか難しいし、勇気がいるんですね・・・

平日はネイルができないので、休日だけでもネイルをしてみようかなぁ。

 

「秋の夜長」

いいですよね。読書が趣味な私にとっては最高の季節です。

 

この時期は、真夏ほどにはないにしても、時々蒸し暑かったりします。

そんなとき、いや、そんなときじゃなくても私はミステリーを読みます。

 

今読んでいるのは、西澤保彦さんの「神のロジック 人間のマジック」という本を読んでいます。

日本人のマモルという男の子が、外国ということしかわからない学校に入学させられます。そこには、マモル君以外の生徒は全員外国人で12歳前後。マモル君も徐々に英語を喋れるようになり、生活に馴染んでいきます。

 

その学校に通う生徒たちは、毎日「課題」を出され、討論をする訓練をしています。

しかし、その訓練が何に役立つのか、 そもそもどこで使うものなのか。

「授業」がない時間帯でも、不思議なことが起こる。キープしていたはずのお菓子がいつの間にか減っている。

支給される料理が、まるで老人向けの料理ばかり。

新しい「入学生」が入ってくるときは、全員が落ち着かない。「アイツ」は変化を嫌うんだ・・・

そんなとき、生徒の一人が死体で見つかる。

犯人は誰か。なんのために殺されたのか。

そもそも、何故彼らはこの学校に入学したのか・・・

 

 

それを考えるのも「課題」の一部なのかどうなのか。

 

 

 

まだ最後まで読んでいないのですが、もう面白くて面白くて。

ついつい時間も気にせずページを捲ってしまい、ふと時計をみたら日付が変わっていたり。

慌てて電気を消して布団に潜り込んで寝ます。

 

実は、本を読むときのスタイルにも、私の個人的なこだわりがあります。

 

ウイスキー

 

コレ、大事。

 

グラスに半分ほどウイスキーを入れて、ストレートでチビチビと飲みます。

氷は入れません!氷を入れると・・・読んでいる間に薄くなってしまって・・・

 

そして「スタンドライト」

枕元にスタンドライトを置いているのですが、その明かりだけで読むのが好きです。

部屋全体が明るいと、目が完全に冴えてしまうというか、興奮してしまって全然眠れなくなってしまうのです。

なので、目に悪くない程度の暗さのスタンドライトで読むようにしています。

 

 

読むのを止められなくて読んでしまうと、いくら好きなことを楽しんだとはいえ、次の日、少し後悔するんです・・・

仕事柄、細かいものをルーペを使って長時間見続けなければいけないので気を付けてはいるのですが・・・ハイ。

 

いや、仕事に悪影響は出ていません。出ていませんが、眠い!(笑)

 

 

 

お酒があってがある。

 

私にとっては、「さぁ夜更かしをするのだ。そのための材料は全て揃っているではないか。さぁさぁ」と言われているようなものなのです(笑)

 

おそらく、今日で「神のロジック 人間のマジック」は読み終わります。

 

明日から・・・何を読もう・・・

 

オススメの本、、、誰かに教えてもらわねば。