kaori’s diary

読書・彫刻好きが日々のあれこれ綴ります

荷物検査

今日はやたらと蒸し暑い一日でした。

私の住んでいる地域では、ここしばらくは暑いのは変わらずですが、お盆も明けてようやく少しだけマシになったかな、と思った矢先にこの蒸し暑さ・・・

堪えます。

 

先日書かせていただいた「カバンの中身」ですが、ふと思い出したことがありました。

 

たまに子守りをさせてもらってる、現在小学生の男の子がまだ小さいとき(たぶん当時4歳か5歳くらい)に、今と同じように子守りをしていました。

 

季節は確か秋口だったと思います。

近所の公民館的なところで、二人で折り紙を嗜んでいましたら、突然の「お外!」という要望に応え、一緒に外に出ました。

 

外に出るやいなや、ジャングルジムに驚異的な速さで登っては降り、登っては降りを繰り返し、見てーと言われて見てみれば布団干しのような体勢になっていたり(笑)

 

一通りジャングルジムで遊ぶと、疲れたのか飽きたのか、ついさっきまでいた室内へ戻りたくなったようで「お部屋!」と。

 

ただでさえ運動不足の体に鞭打って走って追いかけるわたくし。

 

やっとのことで追い付いたわたしを、男の子はジーっと見つめます。

 

なんだ?と思っていると、ツカツカツカと真剣な顔をして、私に近付いてきます。

なんだなんだ?

 

と次の瞬間。

 

イイモノ!!

 

と大きな声で言いました。

ん?いいもの?

 

と思っているうちに、私が持っていたカバンを引ったくるように持っていき、中身を次々と出していきます。

 

ああぁ…財布にポーチにティッシュにハンカチ…

あー!鍵に定期入れに本まで!!

 

まるで学校の先生が生徒に対し、持ってきてはいけないものを持ってきていないかのチェックをしているかのよう(笑)

 

先生の荷物チェック…懐かしいですね(笑)

ちなみにわたしは真面目(なふり)だったので、怒られたことはありません!

 

 

男の子は、通り荷物を出し終わると、全てを入念に入念にチェック(笑)

ハンカチやティッシュや定期入れなどは、裏表確認していました。

ポーチに至っては、中身を全部厳しくチェック(笑)

男の子にとって、化粧品て馴染みがないから面白かったのでしょうね。

リップなんて、キャップまで外されてしまいましたもん(笑)

 

いいものあった?と尋ねると、あったー!と大きなお返事。

 

 

 

え???

男の子が喜ぶものなんて入れてたか???

 

 

 

何を見つけたのかと思い、小さな手を見てみると・・・・・

 

 

当時使っていた2台目の携帯「PHS

 

 

 

あああああああああ!!!

ボタンを押そうとしている!あ!そこ押したら誰かに電話かかっちゃう!!

 

ぎゃああああ!それは・・・そのボタンは防犯ブザーだよ鳴り響いちゃうよ!!!

 

折り畳み式のケータイでもない、Y‐mobileのPHSなので、ボタンが剥き出しなんですよ・・・

ロックなんて簡単に解除してしまう男の子なので、彼にかかればロックなんて意味がないんです・・・。

 

慌てふためく私の反応を見るのも楽しかったんでしょうね。ボタンを押すフリをしたりして遊んでいました。

 

 

そんな男の子も、もう小学校4年生・・・

あぁ月日が経つのはなんて早いんだ。

 

今でも合えば「お姉ちゃんチュキ!」と飛びついてくれます。

 

でもね・・まだ4年生。チューはまだ早いぞ!

私が犯罪者になってしまう。

 

 

おしまい。