kaori’s diary

読書・彫刻好きが日々のあれこれ綴ります

結果オーライ・・・じゃねーよ!!!

9月に入り、一時のことを思えば随分過ごしやすくなりました。

まだまだ湿度は高いですし、台風も接近しているようなので、「秋本番」というには遠いのかなぁと思っております。

 

 

今日は、わたしの地元はかなりの湿度がありました。

それでも8月に比べればマシですが、シャツが張り付くような暑さでした。

 

その湿度の影響か、はたまた関係がないのか・・・

 

火災報知器が作動しました。

 

2度目ですよ・・・しかもまた誤報・・・

しかもしかも、私たちの部屋が、他の部署とは独立というか廊下を挟んでおりまして、いわば独立しているんですが、その部屋だけ警報が全く聞こえませんでした( ˘•ω•˘ )

 

困るわ

 

たまたま私が他部署に用事があったので、別の部屋で警報を聞き、上司にダッシュで報告。

上司も慌てて電気系統の電源を切って外に出ました。

階段を降りつつ、アナウンスに耳を傾けておりましたら、やはり出火元とされる場所は無人フロア

 

真夏日であれば、高すぎる湿度が原因で火災報知器が作動するということは、割と全国的にもあったようなのですが・・・

今日は、そこまで高くなかったはず。

 

なのになぜ誤報が。

 

まぁ、会社のビルも、建てられてから30年近くは経っているそうなのですが・・・いやそれでも誤報は鳴るは警報が聞こえないは。

誤報は仕方がないにしても聞こえないのは問題だろ!

 

しかも・・・しかも・・・

避難先の外の方が屋内よりもサイレンの音聞こえるし。

サイレンの優先順位がおかしいじゃん!!

 

 

蒸し暑い気温の中、たっぷり20分は外で以上の有無を確認するために待機。

以前にも起こった誤報のときと同じように、異常がないとわかると、エレベーターを使って会社へと戻りました。

その時間、終業まであと30分。

 

やる気起きない・・・

 

 

上司も、業務で使う機械の電源を落としていたのもあって、しきりに、帰りたい~と言っておりました。

上司に帰りたいと言われたら、部下は帰りたいとしか思えません!!(笑)

 

慌てて避難したということもあって、デスクの上はグチャグチャ。

そして、これは私のミスなのですが、警報の鳴る直前に進めていた作業・・・どこまで終わって、どこから始めるのかがわからなくなってしまいました。

あぁもう・・・。

 

幸い、もとの母体数がそこまで多くはなかったので、再点検も兼ねてもう一度やり直しました・・・

 

で、終業まであと10分になって、「あ、もうすぐ帰れるぜヤッホーイ」となっていると。

 

 

再度、火災報知器が。

 

 

なんでやねん。

 

そしてまた私たちの部屋は聞こえないし。

 

今回はたまたま、上司が換気のために窓を開けていたため、外からの音で以上がわかるという本末転倒の事態に。

 

なぜ中で起こってるはずの異常が、外からの音で気付くんだ。

 

 

ただ、2度目の警報に関しては、異常がありませんでした、というアナウンスが早い段階で流れたので、再び外に避難することもありませんでした。

ただ、上司は素早く機械の電源を落としてしまい、完全にやる気削がれてしまったようで・・・

 

何しろ、2度目の警報が鳴り響いた時刻・・・終業5分前。

 

そりゃやる気なんか起きません。

 

 

上司と私。その5分はおしゃべりしてました。

二人だけの部署で、独立しているので、暇で暇で仕方ないというときは、ときどきおしゃべりしています(笑)

 

 

今日のおしゃべりの内容は、当然のごとく「火災報知器」でした。

 

なぜこの部屋だけ聞こえないのか。フロアが独立しているからなのだろうか。いやいやそもそも独立していたとしても同じビルなんだから聞こえないのはおかしい。

誤報とはいえ火災報知器がなっているのに消防車とかが一切来ないのは普通なのか。

 

 

などなどなど。

 

 

 

まぁ・・・結果は火災ではなかったので良かったのですが、もし三度このようなことがあると、「またどうせ誤報でしょ」となり、危機管理にも問題がでてくるかも、と。

 

やっぱり、いざというときに鳴って対策できるのが警報だと思うのですよ。

 

 

 

管理人さーん!!!の前に社長ーー!!!

ぜひとも改善を・・・